つれづれ御留(おとめ)

山歩き、子育て、日々のこと・・思い出すまま、感じるままに・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高千穂峰も解禁

7月15日から韓国岳とともに高千穂峰も登れるようになった。

丁度2年前、福山龍馬くんが登ったあの山だ~

120722高千穂峰 001

22日、今度は高千穂峰に登ってきた。

以前登った時とってもきれいな山容とは裏腹に途中からはとっても歩きにくいガレ場で、もうこの山は『観る山』にしよう!!と決めていた

でも、新燃岳の噴火の後、どうなっているのか見たくて行くことにした。


お天気は晴れたり曇ったり

120722高千穂峰 004
高千穂河原の鳥居の右横の自然歩道から入る

120722高千穂峰 005
このあたりも細かい噴石がたくさんあったが、まだそれほどではない


120722高千穂峰 006
ミヤマキリシマが一輪
このお花は先週も咲いていたようで、この日も頑張って咲いていてくれた

120722高千穂峰 013
完全に枯れているのかどうかわからないが、こんな木もたくさんあった


120722高千穂峰 014
樹林帯を抜け、ここから御鉢へと登る

以前は小さな石がたくさんあり、とっても歩きにくかった。
今回は小粒の石がザラザラ

足を踏み入れればザザーと下がっていく感じ
大粒の砂場を歩いているようだ
だけど、以前のように足の置き場を間違えるとくじきそうな感じはない


120722高千穂峰 029
この赤い岩は今度の噴火のものなのか?


はぁはぁ言いながら、馬の背到着

120722高千穂峰 027
御鉢の火口


120722高千穂峰 039
山頂が見えた

ミヤマキリシマもたくさん
120722高千穂峰 035

120722高千穂峰 034

120722高千穂峰 045
御鉢を歩きながら振り返ってみる


120722高千穂峰 053

120722高千穂峰 056
お参りをして、登らせていただく



120722高千穂峰 064
山頂到着


120722高千穂峰 060
山頂小屋の屋根

120722高千穂峰 062
小屋の中はこの日掃除に来られていて、きれいになっていた。
入り口は石段が埋まってる。
もう一段、下にあるそうだ


晴れ間もあったのだけど、ゴロゴロいい出したので下山

登りはとっても苦労してはぁはぁ言って登ったのに、下りは滑るように下りて来てとっても早かった~
楽しかった~


120722高千穂峰 081
きれいな地層が見えていたところもかなり噴石が積もってる


樹林帯にさしかかったところで雨が降り出した
傘をさして高千穂河原到着


この日は色んなプレゼントがもらえた

トートバッグ、ステッカー、バッジ、飴、関平温泉水、霧島温泉無料入浴券、ガネ(鹿児島名物 サツマイモが入った掻揚みたいなもの)
120722高千穂峰 082
120722高千穂峰 084

満足の一日



120722高千穂峰 058


スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 2012/07/27(金) 10:18:17|
  2. 鹿児島県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

韓国岳・大浪池

7月15日
霧島の新燃岳の噴火で入山規制になっていた韓国岳・大浪池が鹿児島県側からの登山が解禁になった。

当日はあいにくのお天気でずっと視界は悪く、山頂から新燃岳を見ることは出来なかったが、楽しく歩いてきた。

120715- 003

えびの高原では登山解禁に伴い、安全祈願が行われ午前9時にみんなで登り始めた。

鹿児島・宮崎からたくさんのメディアの方が取材に来られていて、重いカメラや三脚など抱えて山頂まで登っていた。
みんなそれぞれにインタビューを受けたり、カメラに収まったり。。。
ニュースで度々映像が流れていた。

私たちもだいぶテレビに登場していた(^^;)

120715-18.jpg

登山道は1週間前に関係者やボランティアの方々が整備してくださっていて以前と変わらず歩きやすくなっていた。

風向きの関係だろうが、火山灰らしいものはほとんど無かった。

120715- 014

この日は約1,000人ほどの人出だったそうだ。
霧島市長も山頂まで登られ、各メディアの取材を受けていた。

120715- 016

この一瞬だけがこの付近がスッキリ見えた瞬間だった。


強風の中昼食をとり、大浪池へ下る。

ここもきちんと整備されていて、濡れた木の階段は滑りやすかったものの、歩くのに支障はなかった。

大浪池登山口へ降りて、この日だけの特典「温泉無料券」を使ってホテルの大浴場で汗を流して帰った。




一部画像は同行者のものをお借りしました。

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2012/07/17(火) 18:23:29|
  2. 鹿児島県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

八重山 (鹿児島県)

4月の終わり

花粉症でなまった身体を少し目覚めさせるために八重山へ足慣らしに行った。



120429八重山 001


大した登りもなく本当のハイキングコースだ。

ゆっくり歩いても40~50分で山頂


120429八重山 007

身体を目覚めさせるには丁度いい

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2012/04/29(日) 21:53:18|
  2. 鹿児島県の山

えびの岳

1月下旬

霧島は登れないので、注目されている えびの岳 に登る。

地図を開いても名前がないが、丁度えびのキャンプ場の丁度裏手のあたりになる

たいした歩きもなく、あっという間に山頂

120122 001

山頂は木々に囲まれ展望は無いけど、山頂手前に見晴らしの良いところがあり、そこから霧島連山を眺めることが出来た

下山してえびの高原へ向かう。

冬の間だけスケート場がオープンしていて、そこを通り抜けていく。

山歩きには物足りないので、そのまま白鳥山へ


120122 005

120122 002
120122 008


池めぐりをして温泉に入って帰宅

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2012/01/22(日) 20:51:11|
  2. 鹿児島県の山

屋久島 3日目

今日も昨日と同じ、3:00起床
トイレで外へ出てみると月が出てます

今日は晴れるぞ~(^-^)


夜中、枕元でガザガザ音がします・・・・

屋久島固有種のネズミがいるので、食べ物は出したままにせず、袋に入れてザックの中にしまっておくように言われました。
小屋入り口に注意書きも貼ってありました。

もしかして・・・・?


幸い私は被害にあいませんでしたが、同行者のひとりはザックのフタの部分にチョコレートを入れておいたらしく、ファスナーもザックの生地も喰い破られていました。

もうひとりはね寝ている時、顔の上をネズミが走っていったとか・・・

おそろしや~~~


そんな話をしながら、4:30出発です。

高塚小屋で朝食をとり、6:00くらいに縄文杉に到着

夜が明けてきました。


111014-16屋久島 038縄文杉
(クリックして大きいサイズでみてくださいね)

薄暗い中で見た縄文杉~確かに大きい~

ここまで来たよ~(^-^)

来れると思ってなかったので、余計に感動!!

丁度、朝陽が縄文杉を照らしはじめました。

すると、縄文杉が目を覚ましたように神々しく光輝き出したのです。
言い知れぬ心の震えというか~じわぁ~っと熱くなりました

やはり屋久島のシンボルですね



もっとそこに居たい気持ちをおさえて、出発です。


下山途中には色んな名物杉がたくさんありました

夫婦杉・大王杉・翁杉・3代杉・・など




111014-16屋久島 046
ヒメシャラもたくさんありましたよ~

そして、今日のもうひとつの目的


  ウィルソン株

111014-16屋久島 054

”新版 九州百名山” に掲載されていたウィルソン株の写真
とっても素晴らしく、自分の目で見たかったのです。

やってきました

中に入ってみます
111014-16屋久島 058

見上げてみると

111014-16屋久島 055

 (^-^)今日が晴れでよかった~


名残惜しく、大株歩道へ下りていきます。

今日は日曜
大株歩道から縄文杉まで登ってくる人も多いとか

111014-16屋久島 077
大株歩道はこんなトロッコ道

登りの人とすれ違う時は、先頭の人同士の何となくの駆け引きがあるようです。

真ん中の板の部分から絶対当たり前のように下りない人や、譲ってもらって「ありがとうございます~♪」と声高らかに御礼を言ってくれるグループ、などさまざま

111014-16屋久島 080

111014-16屋久島 086
ヤクシカ、こっちを見てくれません・・・


小杉谷集落跡を過ぎたあたりで安房川を渡ります。

ここからのトロッコ道は真ん中の板が無く、歩きにくかったです。


11:00頃、荒川登山口到着です

111014-16屋久島 006


最終日だけ晴れだったけど、終わり良ければ全て良し(^-^)

楽しい3日間でした。。。




111014-16屋久島 069
 ↑ 左側の下の方から上に登って、右側へ行って下の方へ下りてきました。



テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2011/10/22(土) 15:13:02|
  2. 鹿児島県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

屋久島 1日目

雨の中、宮之浦岳に登ってきました。

1日目 鹿児島から高速船トッピーで屋久島 安房港~淀川登山口~淀川小屋
2日目 淀川小屋~花之江河~黒味岳分岐~黒味岳~黒味岳分岐~投石平~宮之浦岳~新高塚小屋
3日目 新高塚小屋~縄文杉~ウィルソン株~トロッコ道~荒川登山口


折角、屋久島縦走なのに出発時から雨・・・

淀川登山口


それでも登山口に着いて、歩き始めれば心は弾みます~

面倒くさいのは歩き始めるまで

40~50分ほど歩いて淀川小屋に到着

111014-16屋久島 009

淀川小屋標識


雨のせいか、宿泊者は少なくゆったりと自分のスペースを取ることができました。
私は右手の壁の向こう側に自分の場所を確保。

111014-16屋久島 007


食事はお湯を入れるだけの”カルボナーラ”と持ってきたおにぎりやミニトマトなど。
やはり暖かいものが美味しいです

山の中の小屋
電気もなく、することもないので18~19時くらいには全員就寝

他の人のいびきも今夜はそこそこ(^^;)
それでも、うるさい・・・・


111014-16屋久島 011

小屋周辺
真ん中の道の先が水場です。
水場=川です。


111014-16屋久島 013

明日はここを通って先へ進みます。
4:30出発なので、明日は景色は見えません。



今回雨だったので、写真は一部同行者の写真をお借りしてます。

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2011/10/18(火) 20:13:14|
  2. 鹿児島県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

縄文杉



今日は屋久島も晴れ

無事、縄文杉とウイルソン株も見て下山

只今、トッピーで移動中
コメント&メールありがとうございます
帰ってからゆっくりお返事させていただきます。


スマホで更新したので、縄文杉がどうしても横になってしまいました。
縦にUPする方法を考えてみます。
  1. 2011/10/16(日) 14:26:26|
  2. 鹿児島県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

再び 開聞岳へ

かいもん1

GWの山に備えて、少しは歩いておかないと! と開聞岳へ

前回のときは花は何も無かったけど、今回は麓ではタツナミソウがたくさん!

タツナミソウ

途中には色んな種類のスミレ

すみれ
すみれ

山頂近くになると ショウジョウバカマがたくさん

しょうじょうばかま2
しょうじょうばかま1

だれきった身体は足が重かったけど、花がたくさんで満足でした。。。


かいもん2
(写っているのは他所の人です)

テーマ:登山 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/24(日) 20:30:06|
  2. 鹿児島県の山

八重山 ・ 花尾山

4月10日、花粉もだいぶおさまってきたので八重山に出かける。

八重山1

八重山公園から快適な登山道を登って行く。

駐車場で会った女性から 「いのししが出るから気をつけて!」 と言われるが、この日は遭遇しなくてラッキー♪


よく整備されていて、”登る”という感じは最初のほんのひと登りのみ

後はなだらかな道を気分良く歩いていく。


ゆ~っくり1時間ほどで山頂に到着。(実際の三角点はちょこっと手前にありました)

八重山2

眺めも良かったので少しゆっくりして、あまりにも簡単に山頂に着いたので、
近くの花尾山にも登ってみようと下山。
八重山の麓には、鹿児島を流れる甲突川(こうつきがわ)の源流がある
道路沿いにあるので、車でも行ける




車ですぐ近くの花尾神社へ向かい

花尾神社

長い舗装された林道は歩きたくなかったので、上の登山口まで車で登って行く。


ちょうど舗装が途切れたところに登山口があり、駐車スペースもあったのでそこに止めて登山開始。

花尾山1

こちらはいきなり急登
山頂まで約25分、ずっと急登

花尾山3

サツマイナモリの群生地のように、辺り一面咲いていた。。。

花尾山2

花尾山の山頂は狭かったけど、この時期色んなスミレが咲いていて楽しめた



帰りは吹上温泉で汗を流す。

吹上温泉は建物などどこも古いけど泉質はとっても良い
何軒か行ったけど、泉質、温度、環境などで最近は新湯温泉に行ってる。



この日もカメラを忘れ、携帯で撮影
画面に陽が反射してどこを写してるかまったくわからず・・・・

テーマ:散策・自然観察 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2011/04/10(日) 20:40:30|
  2. 鹿児島県の山

雪に誘われて池めぐり

10日はやっと天気がよくなったので、霧島の白鳥山に行ってきました。

かなりの積雪でしたが、道路はとけて普通タイヤでも通行可能。


H23.01.10白鳥山 008




H23.01.10白鳥山 012

霧島連山も雪化粧

美しい山々を見ながら歩けるのも幸せですね


H23.01.10白鳥山 011

池も凍っています

H23.01.10白鳥山 010


H23.01.10白鳥山 003

えびの高原  マイナス1度でした。

キラキラ眩しくて、サングラスははずせません。

H23.01.10白鳥山 014



こんなに素晴らしい景色なのにカメラを忘れて、携帯で撮影でした。

テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

  1. 2011/01/13(木) 09:00:49|
  2. 鹿児島県の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
次のページ

プロフィール

ひめちょろ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

月別アーカイブ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。