つれづれ御留(おとめ)

山歩き、子育て、日々のこと・・思い出すまま、感じるままに・・

二の腕は余計にプルプル



久しぶりにボルダリングに行ってきた、4年ぶり?

クライミングシューズも劣化せず使えた

お天気のいい日曜日は貸切状態


みんな外だよね~


90度壁から110度壁へ
手足フリーで登ったけど、最後は腕に力が入らなくなって1時間30分ほどで終了

帰りの車、ハンドル持つ手が変・・・・


明日大丈夫かな~?
あっ・・・あさってかも・・・


  1. 2012/07/29(日) 21:55:27|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川辺クライミングウォール



20070621205541.jpg

20070621205623.jpg


鹿児島へ来て初めてクライミングに行ってきました。
川辺町(かわなべ)に今年オープンしたクライミングウォールです。

『オートキャンプ森のかわなべ』内にあります。

ここはプロクライマーの小山田大さんが監修して出来た壁です。
高さがないので、ボルダリングのみですよ。
私は5ヶ月ぶりに壁にはりついてきました。

ホールドが小山田さんのこだわりだとかで、私の好きなガバはほとんで無く、持ちにくいのです・・・

だけど、使用料が500円と安くて、時々無料になったり、半額になったりします。

近くの方行ってみてはいかがですか?

オートキャンプ森のかわなべ  ℡ 0993-56-4342
8:30-17:30  無休  P有り


夏に小山田さんが来られるかも?・・・らしいです



久しぶりに櫻島がきれいにみえました
 

20070621205644.jpg

  1. 2007/06/21(木) 17:17:16|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一応最後の・・・

あと1週間で引っ越しなので、ラリナガでの練習も一応今回が最後になる



↑ 以前より難しくなった左ハング壁  キーボウさんです

 20070123112436.jpg
↑ 力強い登りをみせるクライマーEさんです

20070123112531.jpg

↑ きれいなムーブで垂壁をスムーズに登っていくミカンさん

20070123112552.jpg

↑ 右の前傾壁の初めてのルートを登るひめちょろ

20070123112615.jpg

真下から撮るとちょっと・・・・・^^;


いい感じで終われたので、来週ものぼりたい!・・・・って思いです・・・
  1. 2007/01/23(火) 18:31:10|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一世一代の大舞台・・・・根子岳挑戦

昨年、阿蘇五岳のひとつの根子岳へオオヤマレンゲを見に行った
ヤカタガウド登山口から天狗のコルへ行ったのだが、天狗のコルではあまりのすごさに足がすくみ立てなかった
天狗峰を見上げると、「ここをクライマーたちは登るんですよ」と教えられさらに驚いた

そんな人間業じゃないと思っていたことを、まさか1年と少し経って自分が経験するとは思わなかった


0.jpg


今回、根子岳縦走することになった
私は朝早く家を出発してキャンプで前泊している仲間と鍋の平キャンプ場で合流した
メンバーはいつもクライミングを一緒にしている仲間たちだ

ちょうど日の出の時間
ひんやりとした空気に朝日が射しこみ、私に緊張感を与える

が、まだこの時は縦走するかどうか迷っていた

この日は西峰までで引き返すハイキング組と、クライミング組に途中で分かれるようになっていた

全員集合して、日の尾峠へ歩き出す


今回のルートの詳細はリーダーのキーボウさん、サブリーダーの沢グルメさん、同行のyamaakiさんますもさんのブログやHPを参考にしてください
実は緊張で西峰からちょっとの間の記憶がありません^^;


1.jpg


日の尾峠から西峰まではずっと急な登りで歩き続ける
この時、小学2年の男の子が一緒だったけど、泣き言ひとつ言わず登りきり誇らしげだった

そう言えば息子を初めて山に連れて行ったのも小学2年の時だった
思い出すな~
こうやって一緒に登っていたっけ



西峰直下に到着して、ここでどうするか決めなければならなかった
↓を歩くのだ
手前から3つ目の頂上(天狗峰)に立つことになる

5.jpg


そして、西峰直下にはこんな標識があった
20061111101317.jpg



このブログでも何度も書いたけど、私は高所恐怖症
天狗のコルはもちろん、英彦山の望雲台でも怖くて立ち上がれなかったのだ


「あれ~ひめちょろさん、まだハーネス付けてないとー」
「ちゃんとサポートするから行こう」

みんなが声かけてくれる

一生に1回だけ・・・・・みんなが居てくれる・・・・行こう!

ここから私の大冒険、大チャレンジが始まった

ハイキング組と分かれて歩き出す

まず、こんなとこや、あんなとこ・・・・

2.jpg3.jpg4.jpg


屋内ではクライミングの練習をしているけど、私はこの日が外岩デビューだ
他のみんなはもちろん、経験者

まず第一の核心部    ローソク岩手前の懸垂下降
キーボウさんが最初に降りて下でロープがぶれないように引っ張ってくれる


6.jpg

順番に降りてきて、降りた人が次の人の為にロープを持つ
↑を上から見ると ↓


7.jpg

↑ 懸垂下降中
ここで、右にふられ怖くて絶対はずしてはいけない右手をはずして、両手で岩にぶらさがってしまった
自分も怖かったけど、周りの人の方が怖かっただろう・・・
足が着くところだったので、またロープを持ってちゃんと下りる


8.jpg

↑ 無事に降りてきて、次の核心  ローソク岩への登りを待つ

キーボウさんはローソク岩にフリーでスイスイ登って、次の懸垂下降の準備にとりかかっていた
沢グルメさんがそれを手伝う


20061109221420.jpg10.jpg


ここは↑、ここ↓
9.jpg




もうすでにこの辺で、なんで来ちゃったんだろう・・・・と、後悔・・・

「ひめちょろさ~ん  大丈夫~?」
「大丈夫じゃな~い   ヘリコプター呼んでくださーい」
「50万かかるよー」
「かかってもいい・・・・」

だけど、ここでどうやってヘリに乗るの?
アクション映画みたいに縄はしごにぶら下がる??

いやだーーーーー それもイヤダ・・・

前に進むしかない!




11.jpg

沢グルメさんはそのままローソク岩の上に残り、みんなの懸垂下降が終わるまでひとりづつサポートしてくれた
↑ ミカンさん、懸垂下降中


13.jpg

緊張でいっぱいいっぱい・・・
岩の上で、沢グルメさんに「命預けますから・・」などと訳の分からないことを言いながら、気持ちを落ち着ける
落ち着くはずもないが・・・言われた沢グルメさんも困っただろう^^;
だけど、沢グルメさんが神様に思えた
↑ ひめちょろ懸垂下降中

12.jpg

↑ こんなところを降りてます
みっちーさん、準備中


これが終わると、いよいよ天狗へ
が、その前にもうひとつ頑張らねば!



14.jpg

手前のナイフリッジ(?)をカニの横ばい状態で渡る
先に行ったyamaakiさんがルートを教えてくれて、ミカンさんに伝える
次々に伝言ゲームのように伝えて、進んで行く

上の方に赤い服の人(クライマーEさん)が見えるが、そこまで登って行き、そこからが一番の難関”天狗へのクライミング”になる

14.5.jpg

↑ ますもさんが渡ってくる
向こうの懸垂下降着地地点では綾吉さん、みっちーさんが手を振ってる
余裕だ!

15.jpg

天狗へのクライミング
キーボウさんが登り、クライマーEさんがビレイ
私たちはキーボウさんが通してくれたロープがあるので安心だけど、ここが一番怖かった


16.jpg

クライマーEさんに手伝ってもらいながら、ブルージックをする
ヌンチャクもかけて登り始める

怖すぎて周りは絶対見ない!
が、途中で登れなくなる   持つところがない!!  岩がツルツルだ
「テンショーン」 と叫びたいが、それは出来るはずもなく・・・・

横に目をやると行けそうなところがある  小さな窪みにつま先を乗せ移動
右へ移り登って行くと、今度は頭の上に岩が・・・・・屋内ではハング壁を登っていても、こんなところでは登れない!
左は行けそうだ
左へ行く   左は断崖絶壁・・・・・下は見ない

あと少し・・・・・・極限状態だ
上を見るとキーボウさんの顔が見えた・・・・・あーーーなんとも言えない嬉しさ、安堵感・・・
でも、あとひと登りが出来ない
「ロープ持っていいですか~?」
「ロープでも何でも持っていいから、上がっておいで」


やっと着いた
↓の、人が立ってるところに到達したのだ

17.jpg


ここから天狗峰の”てっぺん”をめざすが、それもロープ無しなので怖かった

19.jpg20061110002626.jpg


ようやくたどり着いた天狗峰の頂上
↑ 天狗からの眺めです

18.jpg

ますもさん手作りの山頂標識を持って、先に着いてたyamaakiさん、kkさん、みっちーさん、ミカンさんと記念撮影

みんなが着くのを待って最後の天狗のコルへの懸垂下降へと出発する

21.jpg

↑ 懸垂下降地点に立つ綾吉さん
右は地獄谷    

↓で、高度感を味わってください

22.jpg


23.jpg

↑ そして私の番がやってきた
ここでは福山さんが私の懸垂下降のセットがちゃんと出来てるか確認してくれた(ATCを使ってます)
福山さんが天使に見えた! (って、見えないけど^^;)

下ではキーボウさんがロープを引っ張ってくれる
地獄谷のほうへ振られそうで怖かったが、下から
「ロープ持ってるからそのまま降りてくれば大丈夫だから」
と、声をかけてくれる

なんとか天狗のコルに降り立った時は、やっと終わった・・・・・安堵感・脱力感でいっぱいだった

昨年はあれほど怖かった天狗のコルが今は安心出来る場所になっていた


懸垂下降は続いているが、先に下りた人から東峰をめざす

東峰への道も油断はできない

39viZLdCKrCq0cac1o03ks3kskXL00.jpg


全員が東峰に揃って記念撮影   

みんなほとんど食べてなかったので、ここでほんの少し食べる

でも、「今日はお腹がすかない」とますもさんが言ってた
みんな同感
私だけではなく、みんな極度の緊張だったようだ

そして、ここで一番ホッとしたのはキーボウさんだっただろう
ひとりもけがすることなく東峰まで来れたのだから
今回のメンバーはキーボウさんはもちろんクライミングのベテランで別格なのだが、他のメンバーはほとんどが今年クライミングを始めた人ばかりだ
キーボウさんがルートを作ってくれる中で、SLの沢グルメさん、クライマーEさんのサポートがあったからこそ、この大人数が無事ここまで来れた


予定時間をだいぶオーバーしていたので急いで下山する
まさに走って下りた

途中、なんと黒ぴょんさんがみんなを迎えに来てくれていた

黒ぴょんさんは西峰で引き返したハイキング組だったのだけれど、ずっと待っていてくれたのだ
お陰で暗い車道歩きをしなくて良かった

25.jpg

今回は悩みに悩んで一大決心をして臨んだ

自分でも意外に冷静で、思ったほどのパニックにはならなかった
こんな経験はもう出来ないだろう

今回も良いメンバーに恵まれ、サポートしてもらって、声かけてもらって助けられた
ありがたい

途中で見た景色はとてもきれいで、地獄谷の紅葉も鮮やかだった
お天気にも恵まれた
最高の1日だった


今回のレポートは、みなさんにも高度感を味わっていただきたいと思って、なるべく大きな画像にしました
クリックして、大きな画像で見てくださいね
そして、ひめちょろがちゃんと行ったんだということで、私の写った画像を入れてます
画像はほとんどが、同行メンバーの写したものです(私が写したのは少し)

その日、寝ようと思っても思い出し、その度に足がジーンとしびれ、なかなか眠れませんでした
実際に岩の上に居た時より、思い出した時の方が恐怖でいっぱいになります






テーマ:フリークライミング - ジャンル:スポーツ

  1. 2006/11/10(金) 09:43:57|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:50

クライミング・・・ひめちょろ編



今回は私です
ビレイヤーはキーボウさんです
綾吉さんが写してくれましたので、ちょっと紹介


20061017211410.jpg

ラリナガ左のハング壁です
5.10c ですが、垂直部分はまぁ登れます  ←垂直だと思っていたら、前傾110度くらいでした


20061017211430.jpg

ロープを壁の途中にひっかけながら、登っていきます
そうすると、もし失敗して落ちる時も、ロープで支えてもらっているので下まで落ちずに宙ぶらりんの状態でとまります


20061017211450.jpg

ここで、頭の上にヌンチャクがぶら下がっているので、クリップしたいのですが・・・

20061017211547.jpg

もう腕が・・・・・クリップを頑張ろうとしたのですが、ここで落ちてしまいました^^;

画像をクリックして大きくしていただけると、テープで貼ったがみえますか?
これが貼ってあるところだけを使って登りました
  1. 2006/10/18(水) 09:17:09|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:29

ボルダリング



昨日のボルダリングです

画像は私じゃありませんよ~!

初心者コースから始めてみましたが、すぐに壁に・・・・・


次回はまだ元気なうちに、今回あと少しで出来なかったところを頑張りま~す(^-^)
  1. 2006/09/29(金) 09:32:05|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

久しぶりのクライミング

9月になって、1年ちょっとぶりにクライミングを再開しました
昨年、腰の痛みがひどくなり、それからクライミングは行きたいけど遠のいていました

昨日は2回目だけど、また今日も腕と腰が痛い・・・・
若い子たちは疲れも知らずに、どんどん登っていって!
いいな~ 若いな~ ^^;

それでも、負けじと5.10b(だったっけ?)までは頑張れました
「身長は関係ないよ」と言われるけど、身長150cmの私

みんながさっと手を伸ばせば届くところが自分は届かない・・・
そういうのを見ていると、うらやましい・・・・「よかろ~・・・」


が、競って登っているわけではないので、わいわいと登れるのが楽しいんです^-^


そして、そんな時他の人たちが「こうしたら? ああしたら?」と登るアイディアを出してくれます

みんなで楽しく登りましょう!
  1. 2006/09/17(日) 10:13:12|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

神様は私の味方(^0^)

今日はクライミングの日。
前回、「晴れたら外にいきましょう」と言ってたのですが、今日は雨!
そう、雨なのです
いつものように体育館で練習です。

今日はほんのちょっと、今までより難しいところに挑戦。
無事、クリアしました。うれしーーー!

次回は朝から外へ行って、1日中のようです

今日の方が良かったかも・・・・・・・・・・・・・

テーマ:アウトドア全般 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2005/08/20(土) 18:49:10|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

久しぶりのクライミング

1ヶ月ぶりくらいかな~クライミングは。

今日は久しぶりということで最初は壁に手をかけるのが勇気がいったけど、あれ?いい感じに登れてる!
トップロープを2回とリードで1回。
ビレイも頑張った。。

今日のクライミングの場所は、田舎で少し標高が高いので、涼しい風が入ってきて気持ちいい。」

「次回は晴れたら外に行きましょう!」と先生。
「えっ、そと!」
んーーーーーどうしよう、外だ。

誰も反対しない(当たり前ですね)
やはり避けては通れないらしい・・・・どうなることやら・・・
  1. 2005/08/06(土) 19:53:47|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

虚弱体質・・・

20050628230141.jpg

昨日は2週間ぶりのクライミング。
初めて4回登った。今までは3回登るのが限度だったけど、やはり4回目はそれまで行けてたところもやっと手がかかるくらいだった。
4回目も挑戦したのは、前回出来なかったところが昨日も出来なくて、悔しいので力をふりしぼり登ってみたが・・・ダメだった。
次回、また挑戦!

クライミングを始めたばかりの時は、次の日から身体全体がこわって痛かったが、今は何ともない。
山登りを始めた時もそうだった。登るにつれて次の日が楽になっっていった。

虚弱だった私が、休みの日はいつも寝ていた私が、だんだん体力がついてきた。
ほんの少しづつだけど、昔より健康になってきているのがわかる。

これも、一緒に山に行ってくれたりクライミングを教えてくれたりの仲間のお陰だ。 
みなさん、ありがとうございます。
これからも宜しくおねがいします。。。

写真は矢岳
  1. 2005/06/28(火) 22:59:25|
  2. クライミング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

ひめちょろ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

最近のトラックバック

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR

月別アーカイブ

ブログ内検索